介護・ケアについて

介護・ケアとは、加齢や病気、怪我などによって日常生活を送るのが難しい人の
・家事
・健康管理
・社会活動
などをお手伝いしてあげることです。
もう少し具体的に言うと、食事の用意や食事自体のお手伝い、掃除、洗濯など要介護者が1人で行うことが難しいことをお手伝いする事を指します。
場合によっては、お風呂に入る、トイレに行く、着替えるといったことを手助けすることもあります。

また介護・ケアは自立支援でもありますから、要介護者が再度自立して日常生活を送れるように健康管理して快方に向かわせてあげることも重要です。
さらに身体的なお手伝いだけでなく、精神的なケアとして会話などで要介護者の心理的負担やストレスなどを軽減させてあげましょう。

要介護者は1人で日常生活を送るための能力は有しているものの、加齢や病気、怪我によってその能力が発揮できない状態です。
「何もできない」わけではなく、お手伝いが必要なこともあれば、1人でできることもあります。
介護・ケアは自立支援でもあるので、要介護者が1人でできることは手を貸さずにやらせてあげることも大切です。

介護・ケアはされる側はもちろんのことする側にも負担が大きく、デリケートで難しいものです。家族の介護・ケアが必要になった場合には1人で抱え込むのではなくお気軽にご相談ください。